お手入れと豆知識

たたみ方

「明日は着物でお出かけ!」という時に、着物をたとう紙から出してみると「あれあれシワだらけ…」なんと
ことはないですか?これはしまう時に問題があったのです。
着物をしまう時は、十分に風を通して汗をとり、汚れやほころびをチェックし、シワを伸ばしながら
たたむことが重要です。一旦シワができてしまうと、なんだか怖い「アイロンがけ」をしなければなりません。
「汚れチェックとシワ伸ばし」きちんとたたむことは着物美人の第一歩なのです。

着物編

  1. 着物をたたむ時は、左が肩・右が裾になるように広げます。まず、脇線に沿って、裾から60cm位を折り返します。

  2. 下前のおくみを、おくみ線の部分(点線のところ)で手前に折り返します。たたみながら「手アイロン」でシワを伸ばしていくときれいにたためます。

  3. 左手で上前の衿下(A)を、右手でつま先(B)を持って、先ほど折り返した下前のおくみの上にきっちりと重ねます。

  4. 両手で上前の脇縫いを持ち、下前の脇縫いの上に重ねます。上前の脇縫いを持ち上げすぎると余分なシワができるので注意しましょう。

  5. 裾を仮たたみし、全体を右にスライドさせ、腰回りの部分が自分の正面に来るようにおきます。

  6. まずは、下前衿をおくみ線から綺麗に折返し、空気を抜くようにたるみやシワを取ります。

  7. さらに上前の衿先と下前の襟先をぴったり合わせて衿を重ねます。

  8. 重ねた衿がずれないようにしながら、左手の指先を衽線に沿わせて左へスライドさせます。

  9. 広衿を開き、肩山と衿の交点と背中心で、きれいな二等辺三角形を作るように衿を内側に折り込みます。

  10. ★印同士がぴったりと重なるように肩山と衿の交点をきれいに整えたら、左手で★印の所を、右手で両方の衿先を持って衿の布目を通します。

  11. 上前を下前と合わせ、さらに肩山から背中心の布目を通してたるみを取ります。

  12. 両袖の袖付けから振りの先までを脇縫いと合わせて両手で持ち上げ、そのままサッと軽く振り、下前の袖を着物の下に折り込みます。

  13. 左手でたたんであった裾をつかみ、右手でえり先のあたりを押さえて折り返します。

  14. 全体にしわやたるみが無いか確認して終了です。

袋帯編

  1. 手先を20cmほど折り返します。
    ※この20cmが肝で、通常の袋帯であれば、前柄もお太鼓にも折線が入らなくなります。

  2. たれ先を重ね合わせます。

  3. そのまま、左から右に、半分半分に折って行きます。

  4. 柄を表に出す場合は、最後に山折りにしてたたみます。

  5. これでお太鼓の部分には折れ目ができません。

名古屋帯編

  1. 右にタレが来るように。お太鼓部分を裏面にしておきます。三角の頂点からお太鼓部分の50〜60㎝を自分の正面にします。

  2. 三角の頂点から、写真のように手を片側に折返します。
    三角形の頂点はきちんと折っておきましょう。

  3. 20㎝控えた所を頂点に、折り返しの三角を作ることで、タレ先に余計なシワができなくなります。

  4. 手先は三角形の底辺に被らない様に3㎝程隙間を作り、手先の余分な部分はタレの方に折り返す。

  5. 左側の三角形を内側に倒します。

  6. 右側の三角形が崩れないように、左手で押さえながら、点線の位置からタレを折り返します。

  7. 折り返す位置によっては、タレが重ならない事もありますが前柄•太鼓•タレに折り目がなければok。

寸法が長い名古屋帯編

  1. 帯によっては前柄の位置が右にあって、折れてしまうケースもあります。

  2. そんな時は、三角の部分で長めに折り返して長さを調節してみましょう。

  3. こんな感じで折り返し、長さを調節します。

  4. これで前柄の位置が折れ目のない位置に修正できました。
    あとは同様です。

着物の季節

繊細で豊かな感性を生まれ持つ日本人。これには、深い山と広い海、そして鮮やかな四季を持つ日本の風土が
関係しているのだと思います。季節が移るごとに、目に見える景色も、口に入る海や山の幸も変わり、
住まいの拵えや身に付けるものも変わる日本の風土。四季の移り変わりを前提に育まれた日本の文化。
着物にも季節に合わせたルールがあります。温暖化の影響で季節感も変わり、昔ほど厳しくは言われ
なくなりましたが、お茶やお稽古事の世界では状況に応じての注意が必要です。
ここでは、基本的なルールをご説明しておきます。
「こんな場合はどうしたらいいの?」なんていう個々の疑問にはお尋ねいただければなアドバイス差し上げます。

着物の季節